アハモ(Ahamo)はイギリスでトラブルなく使えるか?

今まで海外に旅行に行く際、wifiルーターや現地のSimカードを購入して使用していました。
今回はAhamo(アハモ)が現地でも通常プランのギガ数を利用できるということで回線契約をして旅行で利用しました。
到着後、繋がらないトラブルもありましたがその点を除けば非常に満足できるサービスでしたのでご紹介させていただこうと思います。

アハモ(ahamo)とは

基本料金プラン
国内通話と海外データ通信の無料枠
アハモ(ahamo)H.P.より

通常プランで20GB使用でき、その範囲内で海外データ通信も可能可能になります。
(現時点で91カ国対応)
私自身、国内で使用する場合でも一月で20GB超えることはありませんでしたので十分すぎるスペック、国内通話も5分無料がついているのでスマホでのデータ通信やラインで電話の使用が中心の人であればahamo大盛りプランでなくて十分だと思います。

現地に着くまでの事前準備

現地到着前にすることといえばデータローミングの設定をしておく位です。
(こちらも現地到着後にしても問題ありませんが私の場合は出発時、機内にて設定を変更しておきました)
具体的には、iPhoneの場合『設定』→『通信のオプション』→『データローミング』
データローミングをオンにするだけです。

現地に着くまでにスマとでしておく設定
データローミングがオンになっている場合に海外で使用できる機能
アハモ(ahamo) H.P.より

到着後にすること

ロンドンヒースロー空港に到着後、機内モードから通常のモードに変更します。
そうすれば自動的に現地通信会社のパートナー回線に接続されて通信が可能になります。
私の場合、vodafone UKに最初接続されてパディントン駅まで向かうTFLの車内までは問題なく使用することができました。

トラブル発生とその対処法

しかし、パディントン駅到着後、地下鉄に乗り換えるあたりから通信ができなくなりました。
最初は日本のように地下鉄まで電波が届かないのかと思っていましたが地上駅に行っても状況が変わらなかったので通信上の問題だと気づきました。
私の場合はホテルにチェックインした後、ホテルのWifiを利用してAhamoのホームページに接続し、チャットbotで解決策を探しました。
具体的には、接続されているネットワークを手動で変更するというものになります。
iPhoneの場合『設定』→『通信のオプション』→『ネットワーク選択』
ネットワーク選択で当初自動でvodafone UKになっていたものを手動でO2 UKに変更すると
通信ができるようになりました。(それでも接続できない場合は出てきた他の通信会社を選んでいきます)

イギリスでのアハモ(ahamo)のパートナー回線は下記になります。

ahamoのイギリスでのパートナー事業者と対応ネットワーク
アハモ(ahamo)H.P.より

最後に

今回、ahamoに携帯のプランを変更しましたが非常に便利でした。
SIMカードを別途準備したり、モバイルルーターをレンタルする手間もなく日本で普段から使用している携帯がそのまま使えるのはかなり利便性が高いと思います。
イギリス到着後、繋がらないトラブルはありましたが簡単な設定変更で解決できましたし、
今の旅行においてはGoogleMapでの位置確認や移動手段の検索、観光地や行きたいお店などの情報もインターネットで調べる時代ですのでスマホは必須です。
国内で使用する場合でも料金的にキャリアの回線と比べると割安ですので海外に気軽に行かれる方は一度アハモ(ahamo)への乗り換えを検討されてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA