神戸-関空ベイシャトルを利用するメリットとデメリット

先日、仕事でお世話になった方に会うために関空に行きました。

その際に神戸空港から関空まで運行している神戸-関空ベイシャトルを利用しましたので

料金、利用方法やメリット、デメリットなどを書いていきたいと思います。

  1. 料金
  2. 時刻表
  3. 乗船までの流れ(神戸空港側)
  4. 乗船までの流れ(関空第1ターミナルの場合)
  5. メリット
  6. デメリット
  7. 結論
  8. 最後に

1.料金

ベイシャトルホームページより

今回は日帰り往復のチケットを購入しました。

その為、料金的には三宮から神戸空港までのポートライナーの運賃(片道¥340.-)がかかっております。

ポートライナーで神戸空港まで行く場合、日帰りであれば日帰り往復のチケット(¥2,510.-+ポートライナー往復¥680.-=¥3,190.- 片道 ¥1,595.-)が最安の選択となります。

日帰り以外であれば往復割引(¥3,060.-+ポートライナー往復¥680.-=¥3,740.- 片道¥1,870.-)が最安となります。

ポートライナーセット券にに関しては片道¥1,880.-になりますので片道利用の場合はこちらが最安となります。

2.時刻表

ベイシャトルホームページより

便数としてはおおむね1時間に1本程度の運行となっています。

所要時間については船での移動時間が約30分、ターミナルへの移動が10分から20分かかりますので40分から50分となります。

ポートライナーで三宮から神戸空港までの所要時間が20分程度になりますのでTotalで1時間から1時間10分程度となります。(待ち時間等考慮に入れると1時間30分程度かかると思います)

3.乗船までの流れ(神戸空港側)

ポートライナー三宮駅

ポートライナーの神戸空港駅の改札を出て左に曲がると出発ロビーに入ります
出発ロビーに入ってすぐに右に曲がるとエスカレーターがありそちらで一階まで降りて左手出口に向かいます
出口を出て1つ目の横断歩道を渡って左に曲がります
6番の停留所まで歩くと関空行き高速連絡バス乗り場があります
運行は1時間に2本から4本行われています。高速船乗り場までの所要時間は3分程度です
こちらが高速船乗り場になります。(バスに乗らなくても神戸空港から6分程度歩けば到着する距離です)
建物に入って右手に券売機があります(クレジット、タッチ決済等対応しています)正面には乗降口があります。
ベイシャトルホームページより

4.乗船までの流れ(関空側) 第1ターミナルの場合

国際線到着口の一番端っこにベイシャトルのカウンターがあります(ドトールコーヒーが近くにありました)
ベイシャトルのカウンター横の出口を出て右手に乗り場があります
ベイシャトルホームページより

5.メリット

メリットとしては2点あげることができます。

1.神戸空港まで自動車で移動する場合、駐車場利用が何泊でも無料であること。

神戸空港近郊に住んでいて家族で旅行に行く場合などは空港までのアクセスや荷物の量など考えれば空港まで自動車で行くのが最適解ですが駐車場代金のことを気にしていで済むことは大きなメリットになります。

※注意点として神戸空港ターミナル駐車場に停めてしまうと無料にならないのでご注意ください。

2.関空に就航していないところから経由して向かう場合

航空会社や目的地(出発地)によっては関空への直行便がないケースが考えられます。その場合は神戸空港の最寄りから出発するベイシャトルを利用することは余計な移動時間を短縮することが出来る点がメリットになります。

6.デメリット

デメリットとして3点あげることができます。

1.料金、所要時間ともリムジンバスと比較すると割高であること。

三宮出発と仮定して

リムジンバスの料金が片道¥2,000.- 日帰りの場合¥2,900.-(片道¥1,450.-) 往復乗車券¥3,300.-(片道¥1,650.-)と全てにおいてリムジンバスが安い。

所要時間についても単純な移動時間としてはほぼほぼ同じ時間くらいですが待ち時間等考慮に入れると20分から30分リムジンバスの方が早い。

2.運行本数がリムジンバスと比較して少ない。

ベイシャトルは1日16便、リムジンバスは1日26便(六甲アイランド経由便含む)と10便程度の差がある。

3.悪天候などによる欠航の可能性

船の場合、波風が激しくなった場合に欠航する可能性があり旅行などで利用する際にはその点がデメリットになります。

ただし、欠航した場合は代替バスの運行がされるとのことで所要時間についてもベイシャトルと同等の時間を予定しているようなのでそこまで大きなデメリットではなさそうです。

7.結論

Totalの所要時間、乗換等の手間など考えれば神戸近辺からベイシャトルを利用するメリットは特にないと思います。

ただし、メリットのところで記載したように空港まで家族で車で向かいたいと言ったニーズや乗り継ぎの必要があり神戸空港を使用すると言った方であれば利用する価値があると思います。

8.最後に

初めてベイシャトルに乗船しましたが船酔いなどもせずあっという間に関空に到着することができました。

大阪湾の景色などを見ながら空港に向かうのもメリット、デメリット抜きに楽しい体験が出来ました。

下記に今回紹介したベイシャトルと比較したリムジンバスのurlを添付しておきます。

神戸-関空ベイシャトル

HOME

空港リムジンバス/阪急観光バス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA